男女

結婚指輪ならアイプリモで選ぼう|二人の薬指を彩る

お色直しに着るドレス

ウェディング

カラードレスは、花嫁がお色直しの後に着るドレスです。ウェディングドレスも着物も着たいという人は、ウェディングドレスを着て着物に替えて最後にカラードレスを着るというパターンよりも、着物を最初に着て次にウェディングドレスを着てからカラードレスにした方が手間がかからずに着替えることができます。お色直しの間、式場に花嫁が不在になります。花嫁不在の式場は自ずと盛り上がりに欠けてきますので、お色直しは出来るだけ素早く行うようにします。カラードレスはウェディングドレス同様にレンタルすることも出来ますし、購入することも出来ます。ウェディングドレスは古典的で定番のものを着て、カラードレスは思いっきり個性的なものを着て招待客を楽しませるということも出来ます。

カラードレスは、自分の好みの色にするのもいいですが、季節感を出すのもおススメです。結婚式が春の季節ならば桜をイメージしたピンクのカラードレスを、夏なら涼しげなブルーのカラードレス、秋ならハロウィーンを意識してイエローを、冬ならクリスマスでグリーンやレッドを、といった具合です。また、人にはそれぞれパーソナルカラーがあり、服のラインは同じでもその色を選ぶことで美しく見せることができます。逆にパーソナルカラーではないものを選ぶと、服のラインは美しくても似合わないということもあります。カラードレスを選ぶ際は、どんなにデザインが気に入っても必ず試着をして、きちんと自分が魅力的に見えるかどうか確認することが大切です。